あの芸能人も過去に…「発声障害」で声優・代永翼が活動制限を発表


この記事は私がまとめました

美声の声優・代永翼さんに心配の声があがっていました。

nyokikeさん

▼声優の代永翼さんが発声障害を告白し、活動制限を発表した

代永翼、発声障害を告白 活動制限へ「出来うる限りの全力で取り組んで参ります」「再び元気な姿をお見せしたい」
oricon.co.jp/news/2148971/f…

#代永翼 #代永さん pic.twitter.com/JZZ8GVegDY

声優の代永翼(35)が18日、自身のツイッターを更新。昨年末ごろから発声障害を患っていることを告白し、今後活動を制限すると発表した。

応援してくださっている全てのファンの皆様、並びに関係者の皆様へ。

ご報告が御座います。

私、代永翼は2018年末頃から『発声障害』を抱えながら仕事をしてまいりましたが、
この度、活動を制限させていただくことになりました。

現在出演しております作品、告知済みのイベント、
現在進行中の制作物等に関しては引き続き体調を考慮しつつ、
今出来うる限りの全力で取り組んで参ります。

この度、突然のご報告になりました事、
また日頃よりご支援して頂いている皆様、関係者の方々には多大なるご迷惑、
ご心配をお掛け致します事、深く深くお詫び申し上げます。

一刻も早く万全の状態に戻し
再び皆さんの前に元気な姿をお見せしたいと思っておりますので
これからも変わらずのご声援、ご支援何卒宜しくお願い致します。

代永翼

▼代永翼さんはアイドリッシュセブンの和泉三月役などの声優

代永は「おおきく振りかぶって」の三橋廉役、「弱虫ペダル」の真波山岳役、「アイドリッシュセブン」の和泉三月役などで知られる声優。

代永はアニメ「のだめカンタービレ」の野田佳孝役や「ちはやふる」の駒野勉役などで知られる。

プライベートでは2015年に声優の西墻由香と結婚。昨年7月に第1子が誕生した。

▼代永翼さんが苦しんでいた「発声障害」ってどんな症状なの?

「声帯に異常がないのに声がかすれたり、出しにくかったりする病気の総称です。精神的な問題が関連していると言われ、心因性失声症(突然声が出なくなる)、音声衰弱症(最初は普通に発声できるがだんだん声が弱くなる)、けいれん性発声障害(絞り出すような声になる)などがあります」(医療ライター)

声帯を動かす神経(反回神経:はんかいしんけい)が麻痺すると声がかれます。この反回神経の麻痺はウィルス感染などでも起こりますが、喉頭がん、下咽頭がん、甲状腺がん、肺がん、食道がんなどによっても起こります。治療としては、声を改善する手術を行うことがあります。

声帯の特殊な運動障害にけいれん性発声障害があります。声帯がけいれんしてスムーズに声を出せなくなる病気で、重症の場合ボトックス(ボツリヌス毒から作る薬品)を用いて治療します。

声の濫用や酷使が原因のことが多く、声の安静を保っても良くならない場合には手術が必要になります。発声障害の診断と治療には、耳鼻咽喉科で診察を受ける必要があります。

・2016年5月にゴールデンボンバー鬼龍院翔さんがポリープに手術を受けた

2012年11月21日、高音域の声を出そうとすると、首周りの筋肉が異常に硬直してしまう発声障害(発声時頸部ジストニア)のため予定していたソロ公演の延期を発表。

発声障害のはっきりした原因は解明されておらず、「今のところ防ぎようがないのが現実で、これからもあの症状が発症する歌手が出続けると考えるといたたまれない」と鬼龍院さん。「一人でも発症する人が減るように、どうか少しでも早く、ジストニア・発声障害の医療の研究が一歩でも先へ進むことを願っています」

ロックバンド・LINDBERGが11日、ボーカルの渡瀬マキ(49)が機能性発声障害と診断されたことを公式サイトで公表した。

2018年4月の記事

コメントは受け付けていません。