【朗報】ラグビーの敗北、力負けではなく南アフリカが審判を欺いたからだった

【朗報】ラグビーの敗北、力負けではなく南アフリカが審判を欺いたからだった

オフサイド気味 南アフリカ 歩立ち ペナルティー オフサイドラインに関連した画像-01
日本のバックス陣が、南アフリカとの経験の差に泣いた。

相手の出足が早かったのは、オフサイド気味だったから。
私の目には完全にオフサイドに映ったが、審判が笛を吹かなければペナルティーにはならない。全員がオフサイドラインよりも1歩ずつ前に立ち、さらに飛びだすタイミングも早かったと思う。

日本のラインは浅く、立ったままパスが回ることが多かった。相手がオフサイド気味に飛びだしてくるなら、それに合わせて1歩立ち位置を下げるべき。相手もタックルの的を絞れなくなるし、突破もしやすくなる。
課題だったキック処理を完璧にこなし、準備はできていた。

だからこそ、審判さえ欺くような経験の差で負けたことは残念でならない。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-10201153-nksports-spo

コメントは受け付けていません。