夏休み前に急増?予約殺到の「退職代行サービス」の実態


この記事は私がまとめました

kyama77さん

●「10人に1人」が1年以内で会社を退職する時代に?

厚生労働省の調査によると入社社員は1年以内で約5万人、つまり「10人に1人」が会社を辞めています。

総務省統計局が公表する労働力調査によると2017年の転職者数は311万人。過去5年をさかのぼると、年々増加傾向にある。

●そんな中、急激な需要の高まりをみせている「退職代行サービス」

【労働問題】「仕事を辞めたい」退職代行への相談が10連休中に殺到
news.livedoor.com/article/detail…

「連休明けに仕事が始まることを想像すると心が折れる」といい、勤務先への電話の依頼は連休明けの7日が一番多いそう。 pic.twitter.com/T48aD0eFqU

パワハラや長時間労働で心身共に限界まで追い詰められた者、「直接、辞めると言うのが面倒だから」という決して褒められぬ理由を口にする者──依頼者たちが抱える背景は実にさまざま

●お盆中も「退職代行サービス」の予約が殺到している?

「すでに現時点で、『お盆明けの8月19日に会社に退職の連絡をしてくれ』という予約が殺到しています」

このサービスを利用すれば、上司に『会社を辞めたい』と直接申し出る必要もなく、翌日から会社に出社する必要もありません。

今年の8月18日の日曜日は、小学生の『8月31日』みたいなもの。夕方になって『ちびまるこちゃん』がテレビから流れてくると、否応なしに次の日からの仕事が頭をよぎる。もっとも憂鬱になるタイミングなんです

●「退職代行サービス」は、メールやLINEで簡単に申し込みできるという

「今すぐ辞めたい」「苦痛から解放」「退職成功率100%」といった痛烈な売り文句が並ぶサイトから、メールやLINEで簡単に申し込みできる。

そもそも、退職に会社側の承認は不要です。期間の定めのない雇用契約の場合、退職の申し入れから2週間で自由に会社を辞められると民法で定められています。

・需要が高まり、500件近くの退職を代行する企業も出てきている?

「リピートいただいているお客様もいますよ」。そう明かすのは退職代行サービス「EXIT」

昨年春にサービスを開始し、500件近くの退職を代行してきた。今では相談件数が5000件に上り、需要の高さがうかがえる。

●最近では、リピーターが増えてきている?

「特に最近、顕著なのはリピーターが目立ってきていること。1度ならずとも、2度、3度……と退職代行の交渉を依頼してくる『常連さん』が増えてきているんです」

企業側が退職の意思に難色を示すケースが増えているのか、それとも退職代行業者に依頼する労働者たちのハードルが極めて低くなっているのか。

●ネットでは、退職代行に様々な声が上がっている

夏休み前に急増。退職代行をリピートする若者たちの本音 (日刊SPA!) news.line.me/issue/oa-spa/f… #linenews

8月19日が大変なことにw

コメントは受け付けていません。