国民年金が免除?知らないと損する「お金の制度」


この記事は私がまとめました

senegirlsさん

いま年金への意識が高まっている

金融庁が「老後に2000万円が必要」と記した報告書を受け、社会不安が広がり、年金への注目度が高まりました。

金融庁の金融審議会(市場ワーキング・グループ)がまとめた報告書「高齢社会における資産形成・管理」

「人生100年」時代に、95歳まで生きるには夫婦で約2000万円の金融資産の取り崩しが必要になると指摘。

子どもの出産前後は国民年金保険料が免除される

これまで、産前産後休業期間や育児休業期間の厚生年金保険料の免除制度はありましたが、国民年金に加入する自営業の人などにはそのような仕組みがありませんでした。

平成31年4月以降の出産からは、出産日の前月から4カ月(多胎妊娠は6カ月)の年金保険料が免除されるようになりました。

【出産で国民年金免除 制度注目】
yahoo.jp/d3ORUU

金融庁が「老後に2000万円が必要」と記した報告書を受け年金への注目度が高まり、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が話題に。免除期間や注意点は。

原則として出産前月分から4カ月分の保険料が免除される

国民年金保険料が免除される期間は、出産予定日、または出産日の前月から4カ月間(多胎妊娠の場合は、3カ月前から6カ月間)。

原則として出産前月分から4カ月分の保険料が免除され、年金を受給する際は納付したものとして取り扱ってもらえます。

厚生年金加入者と同じように、将来は育児期間中も免除されるようになることを願っています。

育休手当もらえないフリーランスにとって、むちゃくちゃ大事な新制度ができたみたいだよ!

妊娠したら国民年金の免除を申請!2019年からの新制度 edgenews.jp/tax-system

出産のときの時に支給されるお金「出産育児一時金」

「出産育児一時金」とは、子どもが生まれたときに健康保険から支給してもらえるお金です。金額は1児につき42万円。

出産にかかる費用の金額が、出産育児一時金の金額より少なかった場合は、差額分については被保険者(被扶養者)に支給されます。

出産時の医療費、家族療養付加金と出産育児一時金付加金でいくらか戻ってきた。助かるわー。

出産育児一時金11万も戻ってくるのかなり助かる

家族の介護をした人がもらえる手当金「介護休業給付」

コメントは受け付けていません。